雲輪瑞法

当山七代目住職 

 雲輪瑞法(うんりんずいほう) 

 

 

大正15年(1926-2019)生まれ

 六代目住職の子として生まれ、その自由な生きざまと軽妙な法話で多くの共感を呼び、様々なメディアに取り上げられる。

瑞法和尚の法話を楽しみに多くの方が参拝に訪れました。

 

 作家としても数々の著書があります。

 

雲輪瑞法著

  • 『瑞法の尼寺日記』(1974年)

  • 『瑞法の尼寺めぐり』(1975年)

  • 『もくれん茶屋日記』(1977年)

  • 『尼僧冥利に尽きて候』(1981年)

  • 『もくれん茶屋日記 続』(1984年)

  • 『愛の説法』(1992年)

  • 『庵主さんが翔んだ』(1992年)

  • 『瑞法の般若心経を生きる』(1993年)

  • 『観音経を読む』(1984年/ 2004年)